食事メニューについて

今日は我が家のデグー達の食事について紹介したいと思います
食事に関しては、未だに試行錯誤の連続です。
これから書くことは、あくまで我が家の一例ですよ~(◎´∀`)ノ

牧草…

チモシー二種
オーツヘイ
アルファルファ

ペレット…
デグーフォーミュラー

副食…
タンポポ
オオバコ
パセリ
ローズヒップ

おやつは現在与えていません。
牧草のチモシーとオーツヘイは
一日二回補充で食べ放題にしています。
カイとクウは成長期なので、アルファルファも与えています。
3c6a3272

朝に10g程度(2匹合わせて)。
ペレットは夜に1回。
3c6a3248
一匹あたり5~6g。
副食は夜にペレット与える際にローテーションして入れています。

写真の副食はパセリとローズヒップなので、
見た目が貧相です( ̄Д ̄;;

この量を15分ほどで完食してしまいますw
クウは我が家に来た時はあまりペレットを食べなかったのですが、
今ではよく食べてくれています。

ちなみにクウとカイの2014年11月18日現在の体重は、
クウ(生後5か月)……188g
カイ(生後2か月半)…170g
体重はペレットを与える前に測定しています。

我が家に来た日(2014年10月4日)の体重は

クウ…156g
カイ…116g

クウの体重の推移は、まぁ平均的かなと思うのですが、
カイの成長っぷりは少しすごい気が…Σ( ̄ロ ̄lll)

写真で見る変化
3c6a2385

10月5日
3c6a3421

11月15日

見た目だけで判断すると、
一か月少々で小学校1年から中学校高学年ぐらいまで成長した感じかな…

クウ・カイ共に体型を見る限り太っている印象は無いので、
しばらくはこの食生活で様子見していこうかと思っています。

デグーは6か月ごろまで急激に体重が伸びて、
一年過ぎたころに成長が落ち着くかと思います。

カイに関しては今が一番の成長盛りなので、
身体をしっかり作ってもらうためにも、
たくさん食べさせていくのが良いかな。

産まれて一年間までに、
いかに丈夫な身体になってもらうかが大切なので、
デグー達の様子を観察して食事メニューを考えていくのが良さそうですね~ヽ(´▽`)/

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー ブログランキングへ

4件のコメント

  1. 今日もまた勉強になりました。
    うちは、ペットショップより来たときからペレットもチモシーも良く
    食べてくれます。今はグラムは計っていませんが目分量でデグーフォーミュラーを朝のみ。あとはチモシーゴールド(青パケ)2番刈りを2回くらい
    補充しているのみです。それからおやつに、ふりふり大麦です。
    うちのチロもカイくんと同じくらいなので、成長期の餌を見直そうかと
    オススメの牧草を飼おうかと思います。
    13日に計ったとき142グラムだったので、もっと大きくなって
    もらわないと!人間もそうですが身体が基本ですものね。

  2. >>mayuさん
    成長期の間は丈夫な身体を作る大切な時期なので、
    食事に気を遣いたいですよね~
    BUNNYGARDEN様で扱っている牧草は良い物ばかりです。
    成長期であるチロ君のオススメは、
    アルファルファ若葉ですね~
    ここのアルファルファは茎を除いてパッケージされているので、
    葉の割合が6~7割ぐらいありますw
    カルシウムが多いので与え過ぎには注意ですが、栄養価が非常に高くなってますね。
    チモシー類では青々とした牧草が好みなら
    エリンズ産2番刈りの牧草がお勧めで、
    茶葉が好みならカナダ産2番刈りですね~
    デグーは年齢・体調や環境変化などで
    嗜好が変わってしまうことがあるので、
    同じチモシーでも複数種類与えるのがお勧めですよ~
    小さいパッケージで揃えてみるのが良いかもしれません。

  3. こんにちは!
    生後2ヶ月の男の子を飼っています。
    質問なのですがアルファルファの量はどれくらいが適切でしょうか。体重は90グラムです。教えてください!お願いいたします!

  4. >>クロマメさん
    こんにちは。返信が遅くなって申し訳ありません。
    生後2ヶ月のデグーで90gでしたら、まだまだ成長期ですね(*'ω'*)
    アルファルファの適切量がどれくらいなのかは、
    牧草やペレットの量によって変わるので、はっきりした数字は出せません。
    アルファルファは成長期の身体づくりとしての副食という位置づけが良いと思うので、
    30分程度で食べきれる量を与えてみてはいかがでしょうか。
    偏食を防ぐために幼少期からチモシーなどの
    イネ科牧草を食べさせておくことも大切なので、
    そちらに影響が出ない少な目の量で様子をみることが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です