未分類

デグーの多頭飼い

本日1月17日は阪神淡路大震災が発災した日です。

私は大阪在住で当時は小学生でした。
M7.3の規模で、大阪では震度5強の揺れがありました。
地面の底から来るような強い揺れは、
今でも記憶にはっきりと覚えています。

当時は防災意識が高くなくて、
身近で体験した地震であっても他人事のような感じがありましたね。
20年経った現在、当時の映像を改めて見ると
自分の意識の甘さを痛感しました。

この大きな震災の経験を教訓にして、
気持ちを新たにして防災に取り組みたいと思いました。

—————-

デグーは単頭飼い・多頭飼いで違った魅力がありますが、
今回の記事では多頭飼いについて書いていきたいと思います。

デグーは自然界では小さな群れを作って生活を行っているようです。
そのため、多頭飼いではデグー本来が持っている行動を見ることができます。

その行動というのは

良い点では…
・仲間同士でコミュニケーションをとる
・鳴き声を使い仲間同士で会話をする
・一緒に寝ることが多いので、暖かく落ち着いて寝れる

悪い点では…
・仲間同士で食事の取り合いになる
・追いかけっこや喧嘩など行うことになる

分かりやすくするために
良い点・悪い点という区別をしておりますが、
どちらも多頭飼いの魅力ではあります。

その他にも
・個体数が増えるので、その分汚れや匂いがでる
・鳴き声・回し車・走る音など騒音が増える

こういった点にも注意が必要です。

3c6a4460

以前はよく相撲取っていました、最近はあまり見なくなったかも…
その分、クウが唸り声をあげながら歯を見せて威嚇してたり
本気で怒っていることありますが…( ̄Д ̄;;

次に多頭飼いであってもオス+メス、メス同士で
状況が変わってくるかと思います。

相性次第ですが、
オス+メスだと妊娠→出産で子供ができます。
子供が出来ると世話が量が増え大変になり、
里親探しなど様々な手間が発生します。

メス同士であっても
相性や発情期などで大ゲンカが発生することがあります。
我が家でもミウとソラは
発情期の荒れがひどく定期的に喧嘩になって、
結果ミウが大けがしたので一度別居させた事があります。
Img_1004

2010年4月10日撮影(手前ミウ・奥ソラ)

ハルとナツの場合は喧嘩などはありませんでした。
ハルの障害とナツがとても優しい性格だったので、
問題なかったのかもしれませんね。

多頭飼いについて簡単に書かせていただきましたが、
単頭飼い・多頭飼いについてどちらが良いと判断するかは
飼い主さんそれぞれの状況や考え方になるのかな。

飼っている頭数が増えると当然ながら世話の手間や
食事・床材などの費用が増えてきます。
ミウとソラの場合のように別居が必要になる場合もあります。

私の場合では放任主義のスタイルが強めなので、
多頭飼いが向いている感じですね~
仕事で家にいない時間も多いですし(@Д@;

食事・掃除・温度管理の世話などを丁寧に行って、
後はデグー達に任していることが多いです。
私は元気で良い表情をしてくれていたら満足です。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村