未分類

デグーの牧草紹介(アルファルファ)

当ブログでは何かと登場する機会の多いアルファルファなのですが、
今回改めて紹介していきたいと思います。

牧草まとめ記事
牧草紹介(まとめ)
牧草紹介(イタリアンライグラス)

3c6a6606

アルファルファはマメ科の牧草になります。
茎が多い牧草なのですが、
予め茎を取り除いて葉だけを与えています。

アルファルファの語源は
「最良の食べ物(飼料)」を意味するアラビア語が語源と言われており、
古くから高い栄養価があることが知られていたようです。

その高い栄養価は、

成長期・病中・病後・出産時・育児期・老齢期など体力低下時などに
効果的であるといえます。

我が家では成長期の補助食として与えています。

3c6a6613

リンは大人デグーに近いので、あまり食べてもらいたくないんですが…
ランのためにアルファルファを与えています。
嗜好性が高いので、大人になったから食べないという風には出来ません。
デグーは食に対する執着が凄いですし( ̄Д ̄;;

過去記事
我が家の食事量について

我が家でのペレットの量はデグーの体重に対して3~4%ほどを与えています。
これは子供デグーでも同じです。
我が家のペレットの位置づけは
ビタミンやミネラルを補給するサプリメントのようなところになります。

しかし、子供デグーはそのペレット量では成長に必要な栄養素が
足りない可能性があるため、アルファルファを与えているんですよ~。

ペレットとアルファルファに含まれる主な栄養素を
簡単に比較してみると

タンパク質
ペレット<アルファルファ

脂質
ペレット>アルファルファ

繊維質
ペレット<アルファルファ

カルシウム
ペレット<アルファルファ

大雑把な比較ですが、
これだけでもアルファルファの栄養素の高さが分かるかと思います。

意外と知られていないのかもしれませんが、
ペレットよりも高タンパク低脂肪で繊維質が多くなっています。

繊維質に関しては、だいたい
ペレットは15~20%
アルファルファは25~30%
チモシーは30~35%

草食動物にとって重要な繊維質が高いのは魅力的です。
ペレットは粉状に砕かれてから固められているため、
咀嚼回数が少なくなり歯の健康には良くないといわれています。

3c6a6616

何だかアルファルファは良いところばかりだという話になっていますが、
忘れてはいけない大きな特徴があります。

それはカルシウムが多く含まれていることです。

ペレットに含まれるカルシウムも多いのですが、

アルファルファはそれよりも多く含まれています。

このカルシウムは成長期のデグーにとっては、
健康な骨を作るために必要な栄養素ですが、
大人デグーにはカルシウム過剰になります。

健康な大人デグーにとっては高い栄養価(主にカルシウム)が
逆にデメリットになってしまうので注意が必要ですね。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村