未分類

室内では使いにくい中望遠のズームレンズでデグーを撮影してみた。

新しいケージの続報として、アメリカからの発送を確認しました。

無事に配送されれば来週の土日には組み立てれそうです。
実際に組み立てて設置してみると予想より大きくて、
どういった雰囲気になるか楽しみであり不安であります(@Д@;

梱包重量は61kgあるようなので、
宅配業者から受け取って家に持ち込むのも大変そう…。
イージーホーム80ハイは重量が10kgぐらいなので、
アメリカンすぎる感じが(゚ー゚;

———————-

今回は「~してみた。」シリーズとして、
普段室内では使わないカメラレンズを使って撮影を試みました。

デグーは一日でどれくらい体重が増減するか計測してみた。

使用したレンズは「EF70-200mm F2.8L IS II USM」

このレンズはCANONの神レンズとも言われており、
ズームレンズでありながら並の単焦点レンズでは
太刀打ちできない描写能力を持っています。
AF速度も非常に早くて、
ボタンを押すタイミングとタイムラグを感じません。
さらに強力な手ブレ補正もついていて、
長くてデカい(全長200mm・重量1490g)以外に問題点は無いレンズです。

ただし、デグーの撮影には向いているとは言えないので、
今までデグー撮りには使用していませんでした。

向いてない一番の理由として、
最短撮影距離が1.2mだということです。
このクラスのレンズでは短い方なのですが…。
でも、デグーから1.2m以上離れて撮影するため、
扉を開けた状態で撮影を試みると脱走し放題になります\(;゚∇゚)/

そのため今回撮影した環境は食事中のデグーです。
食事中であれば、食べることに集中するため脱走する確率が低くなります。
被写体はカイになっています。

3c6a7918

3c6a7921

3c6a7893

食事中は動かないカイなのですが、
いつもと違う状況で落ち着かないようです。

この時の撮影状況は1.5mほど離れているかな…。
F値は5.0と絞り気味に撮っていたので、
少し被写体ぶれが発生してる…( ̄◆ ̄;)

3c6a7958

カイのお尻
照明が当たってリングが発生しているのが見えます。

3c6a7975

ペレットを優先して食べるため、副食をまき散らします。

CANONのレンズは色の乗りが良いため、
カイのように毛色が濃いデグーに向いています。

こうやってデグー撮影に普段使わないレンズを使ってみると、
色々な課題が見えてきます。
今回は思い付きのぶっつけ本番だったので準備不足でした。
でも、課題がクリアしていくと撮影技術も身についてくるので、
リベンジした時にはデグー写真集にでも公開していこうかな。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村