室内では使いにくい中望遠のズームレンズでデグーを撮影してみた。(番外編)

新しいケージは国内に到着していて、
あとは我が家に来るのを待つだけの状態になりました。

新しいケージが運用されると
現在カイが暮らしているケージが再び空き部屋になってしまいます。
そうなると現在のケージで暮らしている姿を撮影できるのは、
残り僅かの期間です。

貴重な瞬間を残そうと休みの日には大量の写真を撮影しました。

前回の記事
室内では使いにくい中望遠のズームレンズでデグーを撮影してみた。

前回はズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を使用しました。


今回は私のお気に入りレンズである
「EF135mm F2L USM」を使用しました。

このレンズはズームが出来ない単焦点レンズです。

単焦点レンズの特徴として
・F値が低い
…暗い室内でも明るく撮影することが出来る。
…背景のボケを活かした写真が撮れる。

・描写能力が高い
構造がシンプルで、
特定の焦点距離の描写力に特化すれば良いため
綺麗に撮ることが出来る。

前回の記事で
「EF70-200mm F2.8L IS II USM」はズームレンズでありながら、
並の単焦点では太刀打ちできない神レンズと書きましたが、

「EF135mm F2L USM」はそのレンズを超える数少ない例外の一つです。

色々と書きたいことはたくさんありますが、
写真を見てもらうのが一番ということで…ヽ(´▽`)/

3c6a7981

3c6a7986

3c6a7988


3c6a7991

3c6a7999

ちょっと悪さをしてるカイ

3c6a8000

3c6a8033

3c6a8044

当ブログの写真は基本的に切り抜きを行っていません。

身体の小さいデグーをこれだけのサイズで写せるのは
最短撮影距離が短い傾向がある
単焦点ならではの良さでもありますね。

…おまけ
3c6a8006

EF135mm F2L USMは最短撮影距離が90cmなので、
イージーホームハイメッシュの天井部分だとギリギリの距離です。
カメラを床に付けて撮影していた場合で、これぐらいに拡大率になります。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です