未分類

我が家にあるバラ紹介(F&Gローズ・デルバール)

我が家のバラはイングリッシュローズがメインになっていますが、
F&Gローズとデルバールのバラも育てています。

今日は先日のイングリッシュローズに続き紹介したいと思います。

先日の記事
満開の桜と我が家にあるバラ紹介(イングリッシュローズ編)

F&Gローズ

・あおい
シックなピンク色の丸弁咲き
小中輪で房咲きになります。
非常に花持ちが良いのが特徴で、
枝一本で一つのブーケのようになり、
先に咲いた花は徐々に色が抜けていくので、
そのコントラストも美しいです。

デルバール

・ラドルチェヴィータ
薄いオレンジ色の中輪カップ咲き
花数が多くと花持ちも良いようなので、
シーズン中は鮮やかな色で楽しませてくれることでしょう。
3c6a3462

以前掲載した写真です。
この時はもう寒くなってきていたので、
つぼみもばっさり切ってしまいました。

・マドモアゼル
薄いピンク色の小輪半八重咲き
小型の修景バラで花数が非常に多くなるようです。
色も桜を少し濃くしたような感じで、
私の好きな色をしています。

上記のラドルチェヴィータとマドモアゼルは
昨シーズンの新入りなので、
今シーズンはどうなるか楽しみにしています。

・ジェネラシオンジャルダン
鮮やかなピンク色の丸弁咲き
遠目からでも映える鮮やかなピンク色が特徴で
花数はそれほど多くないものの、
とても個性のあるバラです。
生育も旺盛で丈夫なため、
狭い環境だと枝の処理に困るかもしれません。

以上で我が家にあるバラの紹介になります。
全部で九鉢になります。
我が家では玄関先で育ているので、
これぐらいが精いっぱいになります。

数が少ない分、各バラ綺麗に咲かせられるように
頑張っていきます。

今のところ生育も旺盛ですが、
また寒の戻りもあるようなので
気を付けていきたいと思います。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村