未分類

体重経過とデグーの生殖器脱の経過

日曜日は体重の定期計測になります。
前回の測定結果
クウ(2014年6月15日生)…211g
カイ(2014年8月29日生)…226g
リン(2014年4月11日生)…201g
ラン(2014年10月29日生)…161g

クウ・カイ・リンは体重が落ち着いていますね。
時々平日に体重を測定していたりもするのですが、
その時も同じような数値が出ます。

ランは皆と同じ食事をしているのに、
なかなか大きくなりません。
一歳ぐらいまでは体重が増える傾向があるので、
少しずつでも大きくなっていくと良いですね。

————————-

カイの生殖器脱を確認してから一週間経過しました。

これまでの経過
体重経過とデグーの生殖器脱
デグーの生殖器脱~カイの場合~
デグーの生殖器脱~経過観察中~

現在の生殖器脱の様子は、
先端部分の露出は収まりました。
でも、まだ皮が少し巻き込まれた状態です。

皮が巻き込まれた状態で上手く排泄出来るのかと思いましたが、
問題なく出来ているようですね。
お尻周辺も汚れていない状態です。

3c6a1476

今回の生殖器脱はカイ自身が患部を気にしてなかったのが、
一番の良かった点だと感じています。

露出部分を気にして齧ったりした場合は、
症状が重度になり多くの処置が必要だったと感じます。

今回のカイの生殖器脱は症状が軽度だったため、
薬や麻酔による処置がありませんでした。

まだ完治していませんが、
症状も徐々に回復する兆しがあるため、
良かったとひとまず安心しています。

3c6a1487

私に頻繁に保定されたので、
外に出るのが少し億劫になってる様子があります。

生殖器脱は他の飼い主のデグー達にも症例があるようです。

インターネットで他の動物を調べてみても、
それほど症例が見つかりません。
デグーは比較的生殖器脱になりやすい動物なのかもしれませんね。

私も今回の事例を受けて、
より普段からの健康チェックが大切だと感じました。
特にカイの場合は一度発症したため、
今後もクセになって再度発生する可能性があるとも感じます。
今回のように軽度で治まるとも限りませんし、注意が必要です。

3c6a1506

床材のバミューダヘイが毎日交換されるので、
カイ本人は喜んでいたかもしれません( 一一)

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村