四者四様のデグー

昨日はブログ村がメンテナンス中でした。
昨日のアナウンスでは、今現在もメンテナンスを行っている予定でしたが、
早く終わったようですね。
メンテナンス終了後にランキングに投票してくれた方もいるようで、
とても嬉しく思っています。

今回の長期のメンテンスで分かったことなのですが、
ブログ村からの流入がなくても当ブログのアクセス数が変わらなかった事です。
お気に入りからのアクセスだとブログ村を経由しないことになるのですが、
そういった経路から見てくれる方がたくさんいました。

今回の記事はデグーの保定写真です。

カイ
3c6a6750

3c6a6331

3c6a6589

カイは保定されるとおかしな顔になるので、よく写真撮られています。

クウ
3c6a6625

この写真は片手での保定が上手くいっていない例です。

手で支えている箇所がデグーの上半身になっています。
デグーは後ろ足が大きく重心が下半身に寄っています。
片手で保定する際にはもう少し下を支えるのが良いかと思います。

リン
3c6a6263

この写真での保定状態はとても安定しています。
私の小指がデグーのお尻を支えているため安定感が出ます。

リン自身も保定慣れしているので、表情が穏やかですね。
上のクウの表情と比較するとよく分かるかと思います。

ラン
ランはあまり保定が好きではないようなので、すぐに帰りたがります。
3c6a6712

3c6a6714

3c6a6715

3c6a6720

でも、私の手から逃れることは難しいので、
脱走を試みても再び捕まって逃げ出せずにいます。

保定はデグー自身の慣れも必要ですが、
保定する側の慣れも必要かと思っています。

我が家のデグー達も、私以外に保定されようとするのですが、
あまり上手くいきません。
私から保定のやり方は教えていて知識はあるのですが、
経験が足らない状況になるのかな。

デグーを持つ時の力加減や指の曲げ方など、
細かいところは中々説明することが出来ません。

私自身も誰かに教えてもらったことでもなく、
毎日デグーと接していることで学ぶことが出来ました。

保定は病気や怪我になった際に、
容体を確認する際に有効な手段です。
直接触ること出来れば、
デグーから様々な情報を得ることが出来ます。
慣れてしまえば簡単なことだと思うので、
少しずつでも出来るようになっていければ良いかと感じます。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2件のコメント

  1. 前に教えて頂いたことを参考にして保定の練習をしようとしたら、何かしら不穏な空気を感じたのか、「プギ~!」と怒られました。
    その後も何度も挑戦しているんですが、背後から手を近づけただけで「何?」って顔して振り返ります。
    変にカンが鋭いです、我が家のあずき。
    でも諦めずに頑張りますよ!

  2. >>megさん
    後ろから掴まれるのは抵抗がある子が多いので、
    あずきちゃんもそのタイプのようですね。
    我が家ではカイが嫌がります。私はそれでも強引に行ってしまうのですが…。
    手の上で立たせるために後ろから掴めないのであれば、
    違う形でアプローチするのが良いと思います。
    ・デグーの身体の横から前脚の脇へ人差し指を入れて立たせる。
    ・デグーの身体を両手で覆うようにして、少しずつ傾ける。
     気づけば垂直になって立ち上がってたという感じです。
    色々試しているとあずきちゃんの苦手な行動とかも分かってくると思うので、
    お互い試行錯誤して良い形で落ち着くと良いですね。
    「嫌がると嫌い」は別なので、嫌なことをされても決して嫌われたりしないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です