デグー飼育におけるハインリッヒの法則~その2~

本日二度目の更新になります。

一度目の更新
デグーのヒゲの特徴

ちょうど一週間の期間があいてしまいましたが、
今回の記事は
「デグー飼育におけるハインリッヒの法則~その2~」
になります。

デグー飼育におけるハインリッヒの法則~その1~

前回の簡単なおさらいとして、
ハインリッヒの法則とは…
安全災害防止の統計から「1:29:300」という法則を導きました。
この数字を基にして災害を未然に防止する考えです。

私はこれをデグーの飼育環境に活かせていけば、
事故を未然に防止することが出来ると思いました。

3c6a7487

現在の飼育環境

その2としてハインリッヒの法則を
デグーの飼育環境に当てはめていきたいと思います。

まずは「1:29:300」をデグーに当てはめると

1=死亡事故
29=身体に影響を及ぼす事故(骨折などの怪我・不正咬合・尾切れ・熱中症)
300=怪我はしなかったが危ない瞬間

「1:29:300」に当てはめた例を見ていただくと、
1は絶対に防がないといけない事故ですが、
29も死に繋がってもおかしくない非常に危険な事故になります。

「その1」でも書きましたが、

重大な事故の下には、必ず軽微な事故が隠れており、
その前触れとしてヒヤリ・ハット(300)があります。

ヒヤリ・ハットの例として
・ステージからの落下
・ケージのメッシュを直接登っていないか(ケージ内が移動しにくい可能性)
・足取りが歩きにくそうにしていないか
(メッシュステージ・布製品の糸・ステージが齧られて小さくなっている等々)
・頻繁にケージ齧りを行っていないか
・ケージ内に食べてはいけないものが入っていないか
(ケーブル・柔らかいブラスチック製品)
・散歩させている場合、周囲の安全策はあるか
・散歩中に目を離していないか
・飼育環境の温湿度管理

ぱっと思いつくところを簡単に書きましたが、
まだまだあるかと思います。

3c6a6605

我が家のヒヤリ・ハットの例(ステージに乗り移るのに失敗して落下)
この落下事故はステージの高低差が要因です。

3c6a7349

メスデグーのケージにあるステージでは一番高低差がある箇所になります。
距離があって飛び上がる動作をすると、
どうしても飛び移るのに失敗する可能性があります。

我が家ではケージの高さがそれほどなので、
床材のクッションで大丈夫ですが、100%とは言い切れないので、
ステージの高さを調整する必要があると思います。

ハインリッヒの法則では
ヒヤリ・ハットを見つけ環境を整備して安全にすることによって
重大な事故を未然に防いでいきます。

ヒヤリ・ハットは「あっと」瞬間瞬間の事象を差すことが多いので、
時が過ぎれば忘れてしまうことが多いため注意が必要ですね。

ヒヤリ・ハットは見つけるためには、よく観察することが大切です。

私自身、「観察」という言葉をよく使います。
デグーは当然ながら人の言葉を発しません。
意思を通じ合わせるには、デグーの動きや表情を見極めて、
こちら側から感じ取ることが必要です。

飼育環境のヒヤリ・ハットを改善していけば事故は減りますし、
デグーとしても快適な環境に繋がります。

デグーは飼い主のお宅にやってくれば、そこで一生を暮すことになります。
ハインリッヒの法則を意識することにより、
より良い飼育環境に繋がればと思い記事を書かせていただきました。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2件のコメント

  1. ハインリッヒの法則、ヒヤリハットは色々な現場で使うことができますね。
    医療現場においても多く使われています。学生の頃も、就職してからも、ヒヤリハット報告書というのがありまして何度か記載した覚えがあります(゚ー゚;
    もう10年以上前の事です・・・今はそこからは遠ざかり、家庭の主婦となりました。
    ケージを見回すと、改善すべき点が見つかり、足場をひとつ増やしました。
    日頃の観察はとても重要ですね。

  2. >>mayu97さん
    医療現場は絶対に事故を出してはいけないという環境なので、
    ハインリッヒの法則は活用されているようですね。
    デグーは身体の小さな動物であるため、
    ちょっとした出来事で怪我をしてしまうことがあります。
    それがいつ大きな事故につながってもおかしくないことを
    念頭に置いて接してもらいたいと考えています。
    ケージ内の環境を改善していけば
    チロ君も快適に過ごせるようになるので、
    充実した生活を送っていることだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です