未分類

デグーの多頭飼いでの食事風景

デグーは食事に対する執着が強い動物です。

我が家では牧草を補充した際にもケンカが発生します。
ペレットの時にも当然ながら大騒ぎになります。

多頭飼いでは各デグーそれぞれに
一つずつ食事の皿を与えるのが基本だと思います。
設置場所も出来るだけ離しておくのが良いですね。

3c6a7484

食事の皿はケージ上部に設置していて、
左にリン・右奥がクウ・右手前がランです。

3c6a5727

クウとランの食事場所の距離は50cmほど離れています。
これでも近いかなと感じます。

食事の場所は、最初は特定の場所で固定しにくいので、
毎日食事を与える際に誘導します。

私の誘導方法は強引で、皿の方に手で押し込んでいったりします。

皿やペレットで誘って誘導する方法もありますが、
それだと誘導したいデグー以外にも付いてきたりするので…。
なので、手で押し込む方法がターゲットを絞りやすく
一番手っ取り早いと思います。
誘導は2.3日もすれば
各デグーが自分の場所と認識するかと思います。

我が家では皿を設置する前にペレットを一つだけ手渡しで与えています。
それを受け取ると皿が設置されると学習しているので、
各自持ち場に行くようになります。

3c6a7258

空の皿を見つめるリン

我が家のメスデグー達は一旦食べ始めると意外と静かです。

我が家での食事時に興奮しだすランキングは
断トツでカイが一位です。

次にリンですがカイのように発狂しないので、
まだ大人しいのかも…。

カイのような性格だと他のお皿も気になって、
すぐ別の皿の様子を見に行ったりする場合もあります。
その時は食べる場所が上手く入れ替わったりするので、
あまり気にする必要もないと思っています。

3c6a7321

食事の時に大興奮するのはデグーの魅力だと思います。

それだけ生きるのに必死だという証にもなりますし、
ご飯を食べている時はデグー本来の性質を見ることが
出来るように感じます。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村