手の上で様々な態勢を取るデグー

我が家のデグー達は比較的手に慣れています。

3c6a0748

少しお尻が汚れてしまっているラン

毎日に健康チェックとして
保定した状態でデグーの状態を確認しています。

毎日行っているとデグーもそれほど嫌がりません。
健康チェックが日常となっているので、
恐怖心が薄れていっているのだと思います。

クウはいつもプイプイ抗議していたりしますが…。
それでも一通りチェックされるまで頑張ってくれています。

デグーが手に慣れている他の要因としては、
私自身の慣れがあるかと思います。

3c6a0745

ランが私の手から逃れようとしています。

私は我が家のデグーであれば、
絶対に手から逃さないし落とさない自信があります。

でも、決して力を入れて捕まえているわけではありません。
比較的自由に動ける状態ですが、
デグーの動きをいなしている感じでしょうか。

3c6a0723

3c6a0755
デグーの動きのパターンがある程度分かるので、
動きに応じて指を動かす感じです。
行き場を抑えられて手から脱出できないようにしています。

3c6a0876

リンは手の上でも大人しいので、
不安定な態勢でも落ち着いてくれています。

3c6a0854

普段はこのような態勢で健康チェックをしています。

デグーの身体も安定しますし、普段は見えにくいお腹の状態も確認できます。
後ろ足に添えている右手は支えているだけなので、
比較的自由になります。
そこからお腹や首回りまで触ってチェックを行っています。

メスデグー達は多頭飼いであるため、
私に対して慣れていますが、懐いている状態ではありません。

手の上に乗ってしまえば触ることが出来ますが、
ケージ内で触ろうとすると逃げていってしまいます。

保定しながら健康チェックする行為は、
一種のコミュニケーションでもあるように感じています。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

4件のコメント

  1. まさに理想とする保定の形!
    やり方を教えて頂いたのに未だに上手くできないんですよね、私。
    たまに捕まえることに成功してもすぐにニョロンと抜けられちゃうので、私は力の入れどころや抜きどころが分かってないんでしょうね。
    最近は撫でながら段々あずきの全身を包み込むようにして、手に包まれることへの抵抗感を減らしていくという気長な作戦を遂行中であります!

  2. デグーとか小動物の抱き方って、ごくごく当たり前にやってましたが、この前、友だちが遊びに来たときに、『扱い方の慣れ』ってあるんだなと感じました。
    基本、小動物ってお腹側を支えるように抱き上げるもんだと疑問にも思ってなくて、デグー友さんの娘ちゃんがだっこするときは普通にそうしてました。
    でも、生き物を飼ったことないけど動物好きの友だちの娘ちゃん(デグー友さんの娘ちゃんと同じ年)が、背中から掴んで抱こうとしたときはさすがにびっくりして止めました。
    背中側からだと掴みにくいし、暴れたら落としちゃいますからね。
    ただ、扱い慣れてないと、正面から行くと咬まれそうに思うのかな?

  3. >>megさん
    一番最後の立ち上がっている写真は、
    お腹の臭いも嗅げたりします(´-ω-`)
    力の加減は飼い主に慣れになるので、
    少しずつ勉強していくと良いかと思います(^^)/
    あずきちゃんも慣れていってくれていると思うので、
    無理せず焦らずゆっくりとやっていく良いですね。

  4. >>典紗さん
    私も捕まえる際には両手で掬い上げるようにして行っています。
    指でお尻側をカバーするとバックで逃げにくくなるので、
    それがコツであるかなと思います。
    背中側から行くと、噛みやすい子は
    慌てて反撃してくることも多くあると思いますね"(-""-)"
    扱いの慣れは大きな要素を占めていると感じています。
    私も我が家のデグー達には自信がありますが、
    他のデグーにまで同じようには出来ないと思っています。
    どれくらいの力加減が良いのかとや嫌がる動作が分からないと
    加減が難しくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です