未分類

体重経過とデグーとの接し方

日曜日は体重測定の日です。

前回の測定結果

クウ(2014年6月15日生)…233g
カイ(2014年8月29日生)…273g
リン(2014年4月11日生)…238g
ラン(2014年10月29日生)…187g

我が家のデグー達は成長が落ち着いているようです。
体重の変化が少なくなっています。

ランだけ一歳になっていませんが、
体重の増減が見られません。

一人だけ小さいので、食事時は突き飛ばされていたりも…。
少し不憫に見えますが、ランは上手くやり過ごしているようです。

我が家のデグー達は野生児の傾向が強くあります。
3c6a2580

今は決まったものを与えていますが、
牧草やペレットは何でも食べてくれます。
多少の好みはあれど、
ケージにそれしか無ければ気にせず食べてくれたりも。

先代デグー達も同じような感じで、
あまり選り好みしませんでした。

3c6a2569

そこには私の接し方があるように感じます。

私のデグーの飼い方は放任主義です。

毎日の給餌や掃除や健康チェックなど、
基本的な世話は欠かしていません。

それ以外のコミュニケーションは必要以上にとっていません。

現在はおやつ類も与えず、散歩も行っていません。

デグーとの接し方は慌てる必要がないと思います。

慌てる必要がないのは
他の動物全般にも言える事かとは思います。

デグーは好奇心が旺盛です。

こちらから積極的に関わらなくても、
デグーから興味を持ってくれます。
3c6a2575

デグーが安心出来る環境を作り、
余裕ある接し方をすることが大切だと感じています。

デグー側に選択肢を持たせて
向こうから歩み寄ってくるのを待ってみると良いかと思います。

そうすることによって好みや嫌がる行動も分かります。

精神的な余裕を持たせると
さらにデグーの様々な表情を見れることでしょう。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村