蕾が見え始めたイングリッシュローズ:ハーローカー

3月下旬ころから気温が高くなり、
バラの新芽はぐんぐん伸びていっています。

その中で蕾も確認することが出来ました。

ハーローカー
3c6a1641

3c6a1640

まだまだ小さいながら、しっかりと蕾が見えています。

我が家では今シーズンからバラを地植えにしています。

土は一から土壌改良しているので、
あまり肥料が効いていないんじゃないかと心配だったりします。
現在は芽だしの肥料を上げたのみだったりします。

写真は日曜日に撮影したもので、
現在は他のバラにも蕾が見えてきています。

3c6a1650

ジェネラシオンジャルダン
枝も太く力強い芽ですね。

3c6a1642

マドモアゼル
修景バラの系統で、黄緑が綺麗な芽が特長です。

3c6a1656

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
ちょっと枝が細いかな。
大輪種であるので、細い枝だと良い花が咲かない可能性があります。

現在は肥料を少なめに与えているので、
これからどういった影響が出るのか分からないところがあります。

肥料は上げすぎも良くないし、上げなさすぎも良くないと思っています。
しかし、上げすぎるよりかは少な目の方が良いと思っているので、
少しずつ量を増やしていこうかと考えています。

まずは春の一番花がどういったことになるのか
楽しみに観察を続けたいと思います。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です