蓮華(レンゲ)が咲いている風景

今日は家の近くに咲いているレンゲの撮影をしていきました。

3c6a2473

レンゲは稲田の緑肥として栽培されています。
今ではあまり見られる場所が少なくなったようですね。

レンゲはマメ科の植物です。
マメ科の植物は根の根粒菌が空気中の窒素分を貯えます。
窒素は植物の生長に欠かすことが出来ない栄養素になります。

田植えのシーズンになるとレンゲを土に漉き込むことにより、
天然の窒素肥料となるわけですね。

化学肥料が蔓延しているなか、
このように自然の力を利用して農業を行っている姿は
ずっと残していきたい風景だと思います。

3c6a2453

3c6a2488

昨日の藤につづき、
マメ科の花はとても美しいですね。

3c6a2485

西洋ミツバチ
3c6a2462

日本ミツバチ

レンゲには多くのミツバチが集まっていました。
西洋ミツバチと日本ミツバチ両方がいてるようですね。

レンゲを見ているとのどかな農園風景を感じることが出来ます。
もう田植えのシーズンになるため、
この風景は来年まで見納めになりそうです。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です