咲き始めたバラ達の中で、一際美しいプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

バラ達が開花し始めています。

我が家のバラはGWシーズンになると
開花が始まりますね。

GW=バラ

というのが、私の中のGWのイメージです。

今年から地植えにしたバラ達ですが、
無事に開花を迎えることが出来ました。

その中で、一際目立つのが

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

3c6a2951
3c6a2966

3c6a3015

まだ開き切る前の状態です。
私はバラが開き切る直前の姿が好きです。
ここから、もう少し開いた状態がベストですね。

3c6a2982

こちらは開き切った状態です。

今年は今までより小さな花になりました。
まだ地植え一年目ということで、
土が馴染んでいない可能性があります。

施肥量も難しいので、
バラの様子を見ながら相談していきたいと思います。

昨年のプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
3c6a2753

3c6a2751

この花が今までで一番綺麗だったと思います。
ボリュームもあり12~3cmくらいはあったでしょうか。

3c6a3010

3c6a2985

3c6a3000
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントの特長として、
横張性が強くなっています。

その影響で枝が細く、
上を向いて咲いてくれる花が少ない印象があります。
大輪種で花が重たいのもあるかと思います。

自然な写真を撮る時は、
地面すれすれに構えて撮っていたり…。

すんなりと綺麗な表情を見せてくれない
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントですが、
それを上回る素晴らしいバラだと思います。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です