花瓶に飾られたバラと、今年購入した新苗

先日は久しぶりの本格的な長雨だったような気がします。

バラの花に雨は大敵です。
特に花持ちの悪い品種は、あっという間に傷んでしまいます。

雨に当たって痛むのであれば、
花を切って家に飾る方が良いかと考えています。

特に今年は株の充実に重点を置いているので、
花を咲かせ続けず、体力を温存することが出来ます。

秋にはより大きな花を咲かせてくれると良いですね。

3c6a3675

3c6a3672

3c6a3680

カットしてきたバラは、
あおい、ラドルチェヴィータ、レディ・エマ・ハミルトン、
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

ここから、今年撮影した写真を3枚UPします。
せっかく咲いていたのに見てもらえないのは寂しいですしね。
3c6a3346

3c6a3344

3c6a3338

そして今年はバラの新苗を購入しました。

まだ注文したばかりなので、苗自体は到着しておりません。

購入したバラは、
・プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコ(メイアン)
淡いパステルピンクにフリルがかった花に魅力を感じました。
我が家では初めてのハイブリッドティ系統のバラになります。

・パシュミナ(コルデス)
小さなカップ咲きで中心がほんのりピンクかかった白いバラです。
かの有名なピエールドゥロンサールを小さくしたようなバラだという
表現が分かりやすいかもしれませんね。

新苗は秋に向けて株の充実を図ろうかと思っています。
花を見れるのはしばらくお預けですが、
大切に育てていきたいと思います。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です