未分類

鮮やかなピンク色のジェネラシオン・ジャルダンと次のステップへの中耕作業

我が家のバラでは一番遅咲きの
ジェネラシオン・ジャルダンが開花しました。

3c6a3743

鮮やかなピンク色が一際目立っています。
我が家にあるバラでは、一番濃い色で咲きます。

3c6a3719

3c6a3726

花弁数は多くありませんが、一枚一枚が厚く大きくなっています。
ロゼッタやカップのような華やかさはないながら、
鮮やかな色で個性を際立たせています。

3c6a3725

ジェネラシオン・ジャルダンの特長として、
樹勢や耐病性の強さがあります。

耐病性に関してはほぼ無農薬でもいけると言われるほど。
我が家でもうどんこ病や黒星病に
かかっている姿を見たことがありません。
葉が厚くて濃い照り葉で、
虫食いの被害も他のバラより少なくなっています。

太い枝に特大の棘がニョキニョキと伸びてくる様は、
強健というより剛健という表現がふさわしいバラかと思います。

いつでも安定して咲いてくれるバラは貴重な存在なので、
残りの蕾も綺麗に姿を見せてくれるでしょう。

他のバラ達は一番花が一段落したので、中耕作業を行いました。

中耕作業と合わせて
マグネシウム資材である「キーゼライト」と
ミネラル資材の「海藻粉末」を撒きました。

これからの季節は株を充実させるために、
シュートを出しやすいように環境を整備していきます。

そのためシュート発生に効果があるといわれる、
マグネシウムと海藻資材を使用しています。

中耕作業では固まった土を熊手でほぐしています。
土をほぐすことにより、土の中に新鮮な酸素を送ることが出来ます。

ほぐし方は株元まで大胆に行っています。
根は多少切れても問題ないと思っていますし、
刺激を与えることでより成長につながるかなと考えています。

中耕作業では雑草も一網打尽なので、
意外と楽しかったりも…。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村