シュートが多数発生したマドモアゼルと、咲き続けるジェネラシオン・ジャルダン

我が家のバラ達で現在咲いているのは
ジェネラシオン・ジャルダンを残すのみです。

今年は新居に引越しバラ達を地植えにしています。
現在は秋に向けて、
バラの生長に重点を置いています。

3c6a4021

3c6a4041

ジェネラシオン・ジャルダンの花は
咲き進むと色が退色していきます。
蕾の時は濃いピンクで、そこから少しずつ退色していく感じでしょうか。

3c6a4054

3c6a4055

咲いた花はカットして花瓶に飾りました。

木曜日にカットしたものと合わさってボリュームが出ていますね。
ジェネラシオン・ジャルダンは花弁数が少ないですが、
こうして合わさるとブーケのような一体感が生まれます。

花が早くに終ったマドモアゼルには
シュートが多数確認できています。

3c6a4032

3c6a4028

数を数えてみると8本のシュートがありました。

これはシュートの数を減らした方が良いのでしょうか…。
あまりにも多く発生しているので、
数を絞って栄養を集中させたほうが良いようにも感じます。

マドモアゼルはシュートの発生が旺盛と言われています。

鉢植えではこれほどシュートが発生することはなかったので、
地植えになったことで本来の勢いが出たのでしょうか。

シュートはあおいにも発生が確認できました。

これからの季節はバラが大きく生長します。
他のバラ達もマドモアゼルに負けずに
元気に生長してもらいたいと思います。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です