デグーに厳しい梅雨と夏のシーズン

このところ雨が続き梅雨入り真っ只中といった気候です。

デグーの飼育環境にとって、非常に厳しい季節がやってきました。
3c6a5354

昨年にも夏の管理の記事を書いています。
梅雨時はデグー飼育において注意が必要です。
デグーの夏の過ごし方と温度と湿度の関係
デグーにとって夏は非常に厳しい季節です。

特に今年は猛暑という予想が出ています。

ヒトですら厳しい夏ですから、
デグーにとってはより厳しくなるでしょう。

3c6a5455

過去の記事と同じようになりますが、
我が家の温度管理はエアコンです。

現在のエアコン設定は、26度の冷房になっています。
寝床の保温のためにヒーターの暖突も起動しています。

26度の設定でも周辺の環境によって、
温度が前後するようです。

室温の温度変化を調べた感じでは、
日が照っていて室外が高温になっている時は、
設定温度より低くなります。
室外が室温より涼しい場合は設定温度通りになっていますね。

我が家のデグー達(メスデグー)は
26度が暑い・快適のボーダーラインになっているような感じがあります。

・26度以上であれば暖突がないところで寝る
・26度以下であれば暖突の下で寝る

オスデグーのカイに関しては、暑がりなのか寒さに強いのか、
普段からあまり暖突の下で寝ることが少ないです。

昨冬も室温が20度以下に低下していた時にも
野良寝していることがありました。

デグーの飼育温度には諸説あるようで、
私も正確な数値は分かっていません。

現在の我が家の場合では
冬:20度
夏:26度
といった温度管理でしょうか。

デグーの快適温度は個体差があると感じますので、
各デグーに見合った温度管理を見極める必要があると思います。

3c6a5470

特にこれからの季節はエアコンが必須になってきます。
一つのミスが大きな事故に繋がることがあります。

エアコンのONOFFは
「少しでも迷ったら点ける」
これに限るかと思います。

私はいつも、かけがえのない生命を預かっているという事を
常に念頭に置いています。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です