デグー飼育で愛用している牧草入れはフィーダーじゃなくて別のものでした。

デグーの牧草入れというと
専用の牧草フィーダーを使っておられる方も多いかと思います。
私も牧草フィーダーを、デグーを飼い始めた頃に使用していたことがあります。
実際に使ってみると思っていたのと違う感じで、
あまり使い勝手が良くありませんでした。

好みの牧草を引っ張り出すために、余分に引き出したり、
引き出すこと自体が遊びになったりと、
牧草が周りに散らかるようになりました。
その様子を見て、フィーダーに入れる有効性があまり無いように感じていました。

以上の問題点を感じて、現在は牧草入れとしてウサギ用のトイレを使用しています。

フィーダーを使用せずに牧草を容器にいれて置いている感じですね。

ウサギ用ということもあり、サイズは大きめです。
デグー達は海外の大型ケージに引っ越ししているので、
置き場所に余裕があって、ウサギ用のトイレ容器が
ちょうど良いサイズになっております。

この容器の素材はメラミンというプラスチックよりも硬い素材で
デグーが齧ってもほとんど削れることがありません。


現在は使用してから2年経過していますが、
写真を見ても削れている様子はありませんね。

設置当初はリンが齧ろうとしていて縁に襲いかかっていましたが、
表面に少し傷が付いた程度で済んでいます。

ウサギ用のトイレ容器のメリット・デメリット

メリット
多頭飼い
牧草の選り好みがしやすい

デメリット
小さなケージだと設置しにくい
牧草が汚れやすい


メリット
・多頭飼い
サイズが大きいため牧草がたくさん入ります。
デグー達が牧草を食べるのに場所取りの競合が少なくなります。

嗜好性が高い牧草だと結局ケンカになりますが…
イタリアンライグラスを入れるとこんな感じに…。

・牧草の選り好みがしやすい
牧草が広がるように置かれているため、
好みの場所を選びやすくなりデグー達が食べやすい

デメリット
・小さなケージだと設置しにくい
容器のサイズが大きいので、
小さなケージだと場所を取ってしまい設置が難しくなります。
ケージの横幅が60~80㎝くらいある方が望ましいと思います。

・牧草が汚れやすい
デグー達が中に入って食べることが出来るので、
食べやすい反面、踏まれることにもなります。
排泄物も付着する可能性があります。

しかし、デグー達は汚れた牧草を選別して食べているので、
汚れた牧草を食べることはありません。

また牧草は毎日新しいものを補充しています。
デグー達は汚れた牧草を食べる必要がなく、
そのため汚れやすいというデメリットは感じていません。

フィーダーにいれた場合も引っ張り出してしまうと
汚れやすくなってしまいますしね。

以上の経緯で、我が家ではウサギ用のトイレ容器を牧草入れとして使っています。
デグー達にも好評をいただいているようで、
丸い背中が満足感を表現してくれているようです。

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です