食洗機

食洗機でテフロンのフライパンを洗うには中性の食洗機専用洗剤を使う

ミーレの食洗機を導入して半年ほどが経過しました。

導入した経緯としては、家族が増え食器洗いが負担に感じるようになったためです。

この半年間はほぼ毎日食洗機を使っており、使わなかった日はほんの数日でしょうか。
昔は食洗機導入に関して懐疑的だった私ですが、今では食洗機をぜひ導入すべきであると感じています。
本当にそれくらい便利です。

ミーレの食洗機を導入-G4920Sciの詳細レビューと使い勝手-我が家にミーレの食洗機を設置して10日ほど経過しました。 食洗機の使用を始めてから、食器洗いの苦行から解放されています。 こんな...

テフロンのフライパンは食洗機で洗えます

我が家ではテフロンコーティングされたフライパンも食洗機で洗っています。

ミーレの食洗機は大容量ですので、大きな調理器具も入れることができます。
しかし、調理器具の素材によっては食洗機に不向きなものがあります。

その代表的なものとして、テフロンコーティングのフライパンがあげられるでしょうか。
鉄も食洗機に不向きな素材ですが、鉄製の調理器具を使っているのであれば、食洗機に入れようとは思わないでしょう。

我が家ではフライパンが2種類ある

少し話が逸れますが、我が家では2種類のフライパンを使い分けています。

ブログ記事にもしているTrukの鉄フライパン
evercookのテフロンコーティングのフライパン

使用頻度が高いのはテフロンコーティングのフライパンでしょうか。
テフロンコーティングのフライパンは常備菜作りに便利で、土日は重宝しております。

常備菜作りが終わると洗い物が溜まるのですが、ミーレの食洗機であれば全て入れて洗うことができます。
そこで、入れるのを躊躇いがちになるのがテフロンコーティングのフライパンです。

テフロンフライパンを食洗機に入れるとフライパンがダメになります。

-丈夫で長持ち-錆びにくいTurkの鉄フライパンでホットケーキを焼く当ブログではデグーとバラの話題がメインとなっています。 今回の記事では我が家の生活ということで、少し趣向の変えた記事を更新します。...

テフロンコーティングがダメなのは洗剤が原因

テフロンコーティングがダメになるのは食洗機用の洗剤が原因です。

食洗機用の洗剤はアルカリ性と中性があります。
一般的に流通している洗剤はどちらが多いのかというとアルカリ性です。

アルカリ性の方が洗浄力が高く漂白成分も含まれている場合がありますので、食器を綺麗にすることができます。
食洗機では、洗剤を手で触れることがないため、洗浄力の高いものが使われるのが一般的です。

このアルカリ性の洗剤がテフロンをダメにしてしまう原因です。

テフロンフライパンを洗うなら中性洗剤を使う

前項に書いた通り、アルカリ性の洗剤が原因でテフロンコーティングを痛めることに繋がります。

フライパンを食洗機で洗う際には、中性の食洗機用の洗剤を使用します。

我が家では、フィニッシュのパウダータイプの洗剤をメインで使っています。
こちらの洗剤はアルカリ性なので、テフロンには使うことができません。

そのため、アルカリ性の中性の洗剤を食器によって使い分けています。

使用している洗剤はキュキュット ウルトラクリーンです。
こちらはジェルタイプの洗剤になります。

詰め替えタイプを購入して別容器に詰め替えて使用しています。

ミーレ食洗機に使用する純正洗剤とフィニッシュの比較とおすすめ洗剤すっかり馴染んでしまった食洗機生活です。 もう手洗い生活には戻れないんじゃないかと感じるほどです。 我が家では休日に料理の作...

中性の食洗機専用洗剤のデメリット

中性の食洗機専用洗剤の方がテフロンも使えて便利なんじゃないかと思いますよね。

しかし、デメリットもあります。
私が感じるデメリットは以下の2点です。

  1. 洗浄力が弱め
  2. コストが高い

我が家ではフィニッシュのパウダーをメインで使っているため、洗浄力を比較すると弱く感じます。
食器の並べ方も影響があると思いますが、油汚れが落ちきらなかったことがありました。

フィニッシュに関しては庫内をパンパンに詰めても、洗い上がりは常にキレイに仕上がります。

そして、もう一つのデメリットとしてコストパフォーマンスの違いでしょうか。

上に紹介したキュキュットですが、詰め替え用で700~800円くらいします。
一回の使用量が20mlほどになりますので、40回ほどで一本使う計算です。

対してフィニッシュパウダーは900gで1袋500円ほどで購入できます。
使用量は20gくらいですので、こちらは45回ほどでしょうか。

使用回数の違いにそれほど差がありませんが、購入価格が倍近く違いますよね。

そのため、中性の食洗機専用洗剤を使う場合にはテフロンコーティングされたものがあるときのみに絞って使用することで、コストを少なくすることができます。

洗剤は目的によって使い分けるのが良い

このように我が家では食洗機で洗うものによって、洗剤を使い分けています。

極力手洗いでの食器洗いを少なくしつつ、負担にならない範囲で洗剤を使い分けることでコストも抑えることができています。

せっかくミーレという大きな食洗機を導入したのですから、有効に活用できるようにしていきたいですね。

ちなみに余談になりますが、中性の食洗機専用洗剤では炊飯器の釜や蓋なども洗っています。
こちらは完全な自己判断になりますが、我が家では問題なく洗えていますよ。