未分類

デグーの室内照明と日光浴:後編

この記事では室内照明と日光浴の関係の記事の後編になります。


前編は
デグーの室内照明と日光浴:前編

———————-

前回の記事で
我が家で室内照明を導入している理由を

・昼夜のリズムをつけるため

・太陽光の代わり

以上の2つとして、昼夜のリズムの話を前編にしました。

今回は太陽光の代わりの事を記事にしたいと思います。

まずデグーに日光浴が必要なのかという問題ですが、
これに関しては不明点が多く結論が出ません。
デグー自身は室内光だけでも元気に暮らしていることが多いですし、
それほど必要ないのかもしれません。

日光浴の効果として

血の巡りがよくなり抵抗力がつく
ビタミンDが体内で生成されてカルシウムが骨の形成に使われる
殺菌作用で菌や害虫の発生を防ぐ
体の免疫力を高める
不正咬合など歯の異常を防止できる

ビタミンDの項目は諸説あり、
うさぎやチンチラなどはビタミンDがなくても
カルシウムを吸収することが出来るらしいようです。
しかし、不正咬合の項目では日光浴不足による
ビタミンD摂取量の低下で症状が出るという研究が発表されています。

この辺りも難しい話です。

3c6a7252

前編でのリンと同じ態勢

日光浴はガラス越しだと効果が薄れます。
紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、窓ガラスでUV-Bが遮断されます。

しかし、UV-BはビタミンDを作るために必要です。
ビタミンDが必要ないという説もありますし、
他の効果は窓ガラス越しでも得られるかと思います。

我が家ではケージ設置場所が西向き窓際であるため
短い時間であれば太陽光が差し込みます。

仕事が休みの日なのでにはカーテンを開けて、
光が差し込むようにしています。
平日は防犯上難しいのが実情です。

夏場だと窓越しであっても温度管理に気を遣うので注意が必要です。

そのため太陽光の代わりとして室内照明を導入しています。

設置している照明は太陽光に近い波長を出す蛍光灯です。
今回購入した蛍光灯はアクアリウム用ですが、
爬虫類の育成にも使えるものです。
爬虫類は紫外線ライトなどの補助が必要なようですが。

我が家にはスパイラルライトもあって
明るさだけで判断すると今回購入した物の方が明るいですね。

そして最後に…
太陽光による日光浴の必要性があるかどうかは分かりませんが、
ひとつ言えることがあります。

Img_1171

Img_1174 Img_4570

日光浴しているデグーはとても気持ちよさそう!
それを見て飼い主も癒される!

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村