未分類

デグー飼育の便利グッズ紹介(乾燥剤)

私が使用しているデグー飼育における
ちょっとした便利グッズを紹介していこうかと思います。

第一回目として今回は乾燥剤を紹介します。

3c6a7356

【アマゾンオリジナル】
ETSUMI 乾燥剤 カラット強力乾燥剤×3個セット(30g×12袋)

この乾燥剤の主な成分は生石灰(酸化カルシウム)となっております。

食品に使える乾燥剤のタイプは大きく分けて2種類あり
・シリカゲル(透明な粒)
・生石灰(白い粉)

それぞれ湿気を吸着するという能力は同じですが、
違った特徴を持っています。

シリカゲル
再利用が出来る(フライパンやレンジで加熱することにより水分が飛ぶ)
毒性がなく安全性が高い
脱臭能力もある

生石灰
吸湿能力が高い
乾燥剤としては使い捨て
毒性はないが水に触れると高温になる


どちらも一定の吸湿能力があるのですが、
何に対して使うのかで使い分けるのが良いかと思います。

我が家での使用目的は
カメラ機材の保管(高湿度はカメラの敵)
牧草やペレットの保管

今回はデグー飼育における乾燥剤の紹介なので、
そちらにスポットを当てていきます。

3c6a6720

我が家で生石灰タイプの乾燥剤を使っているのは、
シリカゲルには脱臭効果がある点です。

牧草やペレットの場合では、鮮度や嗜好性を保つために使用しています。

牧草には鮮度を保つには湿気が大敵です。

そして嗜好性を保つためには、香りが奪われないようにしないといけません。

牧草のパッケージを開封すると徐々に香りは失われていくのですが、
シリカゲルの乾燥剤だと湿気とともに香りまで吸着してしまいます。
そうなると牧草のために乾燥剤を使用しているのに、
結果的に牧草のためになっていないような気がします。

生石灰タイプの乾燥剤は使い捨てのため、
コストパフォーマンスは良くありません。

ですが、我が家で使用しているアマゾンオリジナルの乾燥剤は
価格がとても安くなっています。

牧草パッケージに対して1袋使用していて、
食べきると同時に廃棄しています。
入れると入れないとでは牧草の乾燥状態の違いが分かり、
入れていると牧草を触るとカサッと乾燥状態が高くなるような感じがします。

我が家では牧草をとても重視しているので、
ちょっとした工夫でより良い状態を保っていければなと思っています。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村