未分類

ケージ内の汚れとデグーの脚の汚れの関連性

今日は昨日の記事と関連性がある事を書こうと思います。

昨日の記事
デグー飼育に用いられる床材を私なりに比べてみた

この記事で私はおしっこが足に付くことを非常に気にしていて、
過去にも記事にしましたが、
我が家では毎日ステージを拭いておしっこ汚れが残らないようにしています。

水飲みボトルの急な破損と日常のデグーケージ掃除の様子

ペットを飼うにあたって、
飼育環境を清潔にするというのは当然の事だと思います。

私もデグー達が日々快適に過ごせるように世話をしています。

私は毎日の世話や健康チェックの中で、
脚の汚れにも気を遣っています。

おしっこを踏んでいれば脚が汚れていきます。

3c6a9829

参考として登場したリン。

リンは毛が白くて指先の色素も抜けているため、
非常に汚れが分かりやすくなっています。
この写真で特に注意してみてもらいたいのが、前脚と後ろ脚です。

指先が綺麗なピンク色をしていて、汚れが見えないかと思います。
ケージ内の環境が汚れてくると、足の裏が湿り気を帯びてきます。
その湿り気はおしっこの汚れが付いた状態ですね。

昨日の記事でも書きましたが、
フロアマットやトレイだとおしっこが吸収されません。
そのため成分が凝縮していき黄ばんだ状態になります。
それをデグーが踏むことによって足の裏が汚れます。

木製のステージや布製品、水分を吸収することの出来る床材であれば、
ある程度凝縮は防ぐことが出来ますね。
木製ステージだと白いカルシウム痕が残るのに、
トレイやマット上だとその現象が見られないかと思います。
どちらにしても定期的な清掃は必要ですが、
これは度合いの問題だと思います。

毎日、脚の裏をチェックすること出来ればいいのですが、
確認するためにはデグーを保定する必要があります。
この方法だと慣れ具合によって左右されるので、
出来ない個体もいるかと思います。

そんな時は簡単に確認する方法として、
後脚の爪の上に伸びている長い毛を見ることです。

デグーは歩行の際に爪を立てて歩くことが多いので、
爪の上の毛も脚の裏と同様に汚れやすくなっています。
その毛が黄ばんでいたりしたら、
脚の裏も汚れている可能性が高くなりますね。

3c6a9889

デグーは後ろ足で身体を掻くので、
脚の裏が汚れていれば、その汚れを身体中に広げることになります。

脚で耳の中まで掃除するので、菌の感染も心配になりますね。
爪も歯で切るので、口の中にも汚れが影響することもあり得ます。

そのように脚の裏が汚れている状態であれば、
私の場合はケージ内の清掃が行き届いていないと判断します。

根本的な改善としてケージ内の清掃をするのはもちろんです。

ケージ内が綺麗であれば自然と脚の裏の汚れは落ちていきますが、
急いで脚の裏の汚れを落とす方法もあります。

それは砂浴びです。
清潔な砂で砂浴びをさせると、
汚れ度合いのレベルは大きく下がります。

他にも我が家で行っていた方法としては、
生体にも使うことが出来るバイオチャレンジを含ませた
ティッシュなどで脚を直接拭くことです。

この方法は先代デグーのソラの時によく行っていました。
ソラはおしっこのやり方が悪くて、
いつもお尻から後足にかけて汚れていました。
砂浴びだけでは解消しないので、
汚れを直接拭き取る方法が必要でした。

この方法は身体が濡れるので嫌がる個体が多く、
汚れがひどい場合のみ行うのが良いと思います。

デグーに限らず小動物飼育ではケージという限られた環境で
暮らしてもらうことになります。
その限られた環境で快適に暮らしてもらうにあたり、
ケージ内の環境はとても大事なことだと思います。

これは飼い主の工夫や努力次第で良くも悪くもなるので、
我が家に暮らしているペットの事を考え大切に思う事が重要だと思いました。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村