未分類

うさぎ(デグー)さんを迎える前の7つのちかい~ココロのおうちより~

本日二度目の更新です

1度目の更新
膨らんできたバラの蕾と第一芋虫発見

————————-

私は普段からよくインターネットを利用しているのですが、
うさぎショップ「ココロのおうち」様で興味深い記事を見つけました。

うさぎの事に対して書かれていますが、
デグーをはじめ小動物全般に当てはまる記事だと思いました。

うさぎLife
「うさぎさんを迎える前の7つのちかい」

当記事では上記の記事を読んで感じたことを書いていきます。

1.どんな性格の子でも可愛がって

最近ではデグーの認知度があがり、メジャーになりつつあります。
ネットでは「よく馴れる」「撫でること出来る」など良い情報が流れる傾向があります。
ですが、実際のところは全てのデグーに当てはまることは無く、
様々な個性をもっています。

ネットでの情報に期待したけど、
飼ってみるとうまくいかないことがたくさんあります。
世の中には、
懐かないから・繁殖させようとしたけど相性が悪いから・
など飼い主の勝手によって里子に出される事例もあるようです。
我が家に来た瞬間に家族になるわけですから、
最後まで責任ある行動をしてもらいたいと感じます。

3c6a0557

寝ぼけ眼のリン

2.病気になったら病院に連れて行って
3.小さな変化に気づいて

デグーをはじめ小動物は、身体の異常を見せないようにする傾向があります。
異常を確認した時には病状が進行している可能性が多々あります。

そんな時に掛かりつけの病院がないと
いざという時に対応がとることが出来ません。
特にデグーの場合はエキゾチックアニマルになるため、
診てくれる病院も少なくなります。
私は大阪在住で比較的病院に恵まれていますが、
近場では見てくれる病院がありませんでした。

4.毎日、ちゃんとお掃除して

我が家でも毎日の掃除を心がけています。
同時に健康チェックも行っているので、とても共感できる項目でした。

デグーの尿は放っておくと雑菌が繁殖して臭いが発生します。
飼育環境から嫌な臭いがする場合は、
掃除が行き届いていないことになります。
属に言うペット臭と言われますが、
その臭いを感じる場合は飼育環境を見直す必要があると感じました。

3c6a0343

我が家では一週間に一回の大掃除です。
この写真は掃除から6日経過した様子

5.温度管理に気をつけて

デグーは温度変化に敏感な動物です。
暑いのも苦手で寒いのも苦手です。
寒暖どちらの場合も命に関わる危険があり、
飼育環境に温湿度計を設置して、
普段から温度に対する意識を高める必要があります。

我が家ではエアコンで温度管理を行っており、
20~25度の間で設定してます。
暖房器具である暖突は1年中設置してあり、
デグー達に快適な場所を選んでもらうようにしています。

6.カラダに良い食事をさせてあげて

デグーはまだまだ飼育方法が確立されていない動物です。
我が家でもずっと試行錯誤をしていて、
未だにこれが正解というものを見つけていません。

食事というものは何を食べるかによって
健康かどうかが左右されると思います。

デグー飼育でおける食事は
ペレットで栄養補給(牧草のみでは栄養が不足気味)
牧草で体調管理(歯の健康や腸内環境の維持)
このように感じています。

ペレットと牧草、どちらも欠かすことが出来ません。
食事しているデグーの様子をよく眺めて、
何が好みなのか普段からチェックしておくことが大切だと思います。

3c6a0493

7.毎日、心から愛して

私はペット=家族だと思っています。
デグーの異常を気づいてあげれるのは飼い主である私たちです。

デグーは亡くなる最後の瞬間まで生きることを諦めません。
小さな身体で一生懸命生きているデグー達を
支えてあげてもらえると嬉しいです。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村