未分類

デグーの円盤型回し車の乗りこなしと密かな利点

クウは荒れ模様が納まったり再発したりと、
何かと忙しなく過ごしています。

最初はひたすら齧りまくるという荒れ方だったのが、
次には回し車乗りまくるという荒れ方に変化し、
再び齧りまくるという繰り返しのような…。

クウのケージには
円盤型の回し車「トレッドミルホイール」が設置されています。

空飛ぶ円盤とデグー~クウが特訓中~

この回し車は
乗りこなすのが難しい(最初に回し方を理解させる必要があるのかも)
設置場所を大きく取る(高さは低いが平面のスペースが必要)

何かと癖のある回し車ですが、
乗りこなせるようになると平地を走っているかのような
安定した姿勢で走れるようになります。

3c6a0607

3c6a0608

3c6a0609

3c6a0610

ベストな位置取りで身体もまっすぐに走っている様子が分かります。
円盤は斜めになるように設計されてあり、
円周の外側で一番低い所がベストな位置になります。

これより中で走ろうとすると安定した走行ができません。
3c6a0601

この位置だと円盤の回転に付いていくことが出来ずに、
走行スピードを遅くしようとします。

慣れないうちは中心に寄せられてくるくる回転したり、
外側に放り出されて飛んで行ったりします。

クウはプロレベルになっているので、
自分の意思で走行スピードを調整できます。

そのため吹き飛ぶこともなくなり、
回転に付いていけないと状況にも陥りません。

今では走行中に目の前のステージに飛び移ったり、
上段のステージから飛び降りてきて直接走り出したりも…。

今まで走っている風景の写真ばかりですが、
この回し車から降りる方法は…
3c6a0614

しゅたっと脇に降りるだけ( ̄Д ̄;;

でも、この降り方が回し車に慣れる最初の難関だと思います。

筒形の回し車だと回し車上で停止することが出来ますが、
円盤型の回し車だと完全に停止することが難しいようです。

この違いがタイトルにある利点を生み出しています。

その利点というのが…
回し車上でおしっこが出来ない

クウだけの場合なのかもしれませんが、
トレッドミルホイールは一週間経ってもおしっこで汚れたりしません。

デグーはおしっこする際は足を止めて行う場合が多く、
走りながらおしっこすることは少ないように感じます。
オスデグーではマーキングで動きながらおしっこする時がありますが、
その時も走ってはおらず、腰を下ろしてゆっくり歩きながら行います。

そのため我が家での普段の手入れは、
回し車の上に乗った床材や牧草を掃いて、
ブロアーで中心部分のホコリを吹き飛ばしているのみです。

円盤型は何かとクセの多い回し車ですが、
使ってみないと分からない利点もありました。

筒形の回し車とは走り方も違うので、
観察していてもとても興味深いものです。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村