未分類

春日大社の砂ずりの藤

GWの最終日となる本日に奈良公園へ撮影に行ってきました。

撮影の目的は、藤の花と奈良の鹿です。
今回の記事では藤の写真を紹介したいと思います。

奈良の春日大社は藤の花が大変有名です。

春日大社の社紋には藤が描かれており、
巫女の髪飾りにも藤の装飾があしらわれています。
とても特徴的な髪飾りで華やかな印象があります。
私のような一般人が写真を撮るのは恐れ多いので、
ぜひ訪れた際には注目してみるのも良いかと思います。

春日大社の敷地内にはいたるところに藤が自生していますが、
一番有名なのが本殿前にある「砂ずりの藤」です。

3c6a2337

砂ずりの藤は花穂が地面の砂に擦れてしまうように
長く垂れ下がることから名づけられています。
樹齢800年を超えるとも言われ、
鎌倉時代後期の書物にも描かれているそうですね。

今年は天候が良く気温が高かったために、
5月6日の段階では散り際になっています。

3c6a2328

3c6a2334

終盤を迎えているため、花の水分が抜けてボリュームが落ちています。
それでも藤特有の繊細さと上品さが感じられます。

3c6a2347

3c6a2350

今年は天候不良で奈良の桜の撮影にいけなかったので、
藤の花を見ることで季節の移ろいを感じることが出来ました。

奈良公園は鹿や花などの自然を多く感じることが出来て、
季節感を味わうことが出来ます。
たくさんの季節感を撮影するためにも定期的に伺いたいと思います。

…おまけ
3c6a2364

野生の白藤は満開状態でした。

3c6a2366

飛火野の藤
下の花は鹿が食べてしまうため無くなってしまってます。

ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村